文字サイズ小さく標準大きく

宮崎大学農学部 稲葉研究室

研究成果

トップ研究成果 > 2014-2015

研究成果

研究成果 2014-2015

 

Publications(刊行) 

  • Okawa, K., Inoue, H., Adachi, F., Nakayama, K., Ito-Inaba, Y., Schnell, D.J., Uehara, S. and Inaba, T. (2014)
    Targeting of a polytopic membrane protein to the inner envelope membrane of chloroplasts in vivo involves multiple transmembrane segments.
    J. Exp. Bot., 65, 5257-65.
  • Tada, A., Adachi, F., Kakizaki, T. and Inaba, T. (2014)
    Production of viable seeds from the seedling lethal mutant ppi2-2 lacking the atToc159 chloroplast protein import receptor using plastic containers, and characterization of the homozygous mutant progeny.
    Front. Plant Sci., 5, article 243.

 

Conference(学会)

  • Uehara, S., Adachi, F., Ito-Inaba, Y. and Inaba, T. (2015) Specific and efficient targeting of cyanobacterial bicarbonate transporters to the inner envelope membrane of chloroplasts in Arabidopsis.  International Symposium on Biomolecular Sciences, Miyazaki, Japan, December 17-18, 2015
  • 廣澤嘉洸,多田朱里,稲葉靖子,松浦恭和,森泉,稲葉丈人(2015)プラスチドシグナル誘発処理に対する植物ホルモン生合成経路の応答 日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会, 松山
  • 上村沙織,稲葉靖子,稲葉丈人(2015)シロイヌナズナの水中栽培法を用いた低温馴化機構の解析 日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会, 松山
  • 上原晋,安達ふみ,稲葉靖子,稲葉丈人(2015)ナトリウムイオン依存型重炭酸イオン輸送体を発現するシロイヌナズナの解析 第39回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 別府
  • 稲葉丈人(2015)葉緑体内包膜への膜タンパク質の輸送 ~メカニズムとその応用~ 第8回トランスポーター研究会九州部会, 鹿児島
  • Inaba, T., Tokumaru, M., Adachi, F., Toda, M., Ito-Inaba, Y., Yazu, F., Sakakibara, Y., Suiko, M. and Kakizaki, T. (2015) Ubiquitin-proteasome dependent regulation of GLK1 protein accumulation in response to plastid signals in Arabidopsis.  2015 Annual Meeting of the Society for Experimental Biology, Prague, Czech Republic, July 1-2, 2015
  • 徳丸充明, 安達ふみ, 戸田真, 稲葉靖子, 矢津芙美子, 榊原陽一, 水光正仁, 柿崎智博, 稲葉丈人 (2015) 転写因子AtGLK1の細胞内動態と制御機構の解析 第56回日本植物生理学会年会, 東京
  • 上原晋, 安達ふみ, 稲葉靖子, 稲葉丈人 (2015) シアノバクテリア重炭酸イオン輸送体を発現するシロイヌナズナの作出とその解析 第56回日本植物生理学会年会, 東京
  • 稲葉靖子,増子(鈴木)潤美, 前川春彦, 渡辺正夫, 稲葉丈人 (2015) 発熱植物ザゼンソウにおけるPEBP遺伝子ファミリーの同定および解析 日本農芸化学会2015年度大会, 岡山
  • 稲葉靖子, 増子(鈴木)潤美, 渡辺正夫, 稲葉丈人 (2015) フロリゲンに着目したサトイモ科発熱植物ザゼンソウの開花生理に関する研究 園芸学会平成27年度春季大会, 千葉
  • 上原晋, 安達ふみ, 稲葉靖子, 稲葉丈人 (2014) シアノバクテリア炭酸輸送体のシロイヌナズナへの導入と細胞内局在の解析 2014年度日本農芸化学会西日本支部大会, 佐賀
  • 多田朱里, 安達ふみ, 松浦恭和, 森泉, 稲葉丈人 (2014) シロイヌナズナにおけるプラスチドシグナル誘発処理に応答した植物ホルモン量の変化 第37回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2014年9月, 福岡
  • Ito-Inaba, Y., Masuko, H., Watanabe, M. and Inaba, T. (2014) Roles of FLOWERING LOCUS T gene expressed in floral organ of thermogenic skunk cabbage (Symplocarpus renifolius) in the promotion of flowering.  Plant Biology 2014, Portland, Oregon, USA, July 12-16, 2014
  • Okawa, K., Inoue, H., Adachi, F., Nakayama, K., Ito-Inaba, Y., Schnell D.J., Uehara, S. and Inaba, T. (2014) Targeting of a polytopic membrane protein to the inner envelope membrane of chloroplasts involves multiple transmembrane segments. 第55回日本植物生理学会年会,富山
  • 稲葉靖子,増子(鈴木)潤美,片山陽子,渡辺正夫,稲葉丈人 (2014) ザゼンソウの花成ホルモン(SrFT)が熱産生に及ぼす影響の検討 第55回日本植物生理学会年会,富山

 

Other(その他)

  • MRTニュース サタデーNextへの出演 2014年2月1日(土)

 

宮崎大学農学部 稲葉研究室

Copyright © Inaba Lab. Miyazaki Univ. All Rights Reserved.