文字サイズ小さく標準大きく

宮崎大学農学部 稲葉研究室

研究成果

トップ研究成果 > 2012-2013

研究成果

研究成果 2012-2013

 

Publications(刊行)

  • Ito-Inaba, Y., Masuko, H., Watanabe, M. and Inaba, T. (2012)
    Isolation and gene expression analysis of a papain-type cysteine protease in thermogenic skunk cabbage (Symplocarpus renifolius).
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 76, 1990-92
  • Ito-Inaba, Y., Hida, Y., Matsumura, H., Masuko, H., Yazu, F., Terauchi, R., Watanabe, M. and Inaba, T. (2012)
    The gene expression landscape of thermogenic skunk cabbage suggests critical roles for mitochondrial and vacuolar metabolic pathways in the regulation of thermogenesis.
    Plant Cell Environ., 35, 554-566
  • Kakizaki, T., Yazu, F., Nakayama, K., Ito-Inaba, Y. and Inaba, T. (2012)
    Plastid signalling under multiple conditions is accompanied by a common defect in RNA editing in plastids.
    J. Exp. Bot., 63, 251-60

 

Conference(学会)

  • 稲葉丈人 (2013) 植物細胞における葉緑体形成の分子機構 ~タンパク質輸送からシグナル伝達まで~ 日本動物学会九州支部・九州沖縄植物学会・日本生態学会九州地区会学術講演会, 2013年11月, 宮崎
  • 稲葉丈人, 井上仁志, 大川久美子, 安達ふみ, 中山克大, 稲葉靖子, Danny J. Schnell (2013) ポリトピック型膜タンパク質の葉緑体内包膜への輸送機構 第37回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム 2013年9月26日-28日,雲仙
  • 戸田真, 稲葉靖子, 矢津芙美子, 榊原陽一, 水光正仁, 稲葉丈人 (2012) プラスチドシグナル伝達因子GLK1の細胞内局在と組織特異的発現の解析 平成24年度日本農芸化学会西日本支部大会,鹿児島
  • 戸田真, 稲葉靖子, 矢津芙美子, 榊原陽一, 水光正仁, 稲葉丈人 (2012) プラスチドシグナル伝達因子GLK1の細胞内局在の解析と抗体作製 第36回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム 2012年9月6日-8日,宮崎
  • Inaba, T. and Kakizaki, T. (2012) Coordinating plastid function and nuclear gene expression by plastid-to-nucleus retrograde signaling pathway.  2012 Annual Main Meeting of the Society for Experimental Biology -Chloroplast Biogenesis- (Invited Talk)
  • 矢津芙美子, 安達ふみ, 稲葉靖子, 柿崎智博, 稲葉丈人 (2012) プラスチドシグナルに応答する新規転写因子の同定と解析 日本農芸化学会2012年度大会,京都
  • 稲葉靖子, 飛田耶馬人, 松村英生, 増子潤美, 矢津芙美子, 寺内良平, 渡辺正夫, 稲葉丈人 (2012) 遺伝子発現プロファイルから見えてきたザゼンソウの熱産生におけるミトコンドリアおよび液胞の役割 第53回日本植物生理学会年会,京都
  • 稲葉丈人, 井上仁志, 大川久美子, 中山克大, 稲葉靖子, Danny J. Schnell (2012) ポリトピック型膜タンパク質Cor413im1による葉緑体チラコイド膜と内包膜の識別 第53回日本植物生理学会年会,京都 
  • Rahman, A., Takahashi, M., Shibasaki, K., Wu, S., Inaba, T., Tsurumi, S. and Baskin, T.I. (2012) Gravitropism of Arabidopsis thaliana roots requires the polarization of PIN2 toward the root tip in meristematic cortical cells. 第53回日本植物生理学会年会,京都

 

Other(その他)

  • 稲葉丈人 (2013) 私がテニュアを獲るまで ~各地を放浪して~ 第二回テニュアトラック制に関する全国シンポジウム 文部科学省 (Invited Talk)

 

 

宮崎大学農学部 稲葉研究室

Copyright © Inaba Lab. Miyazaki Univ. All Rights Reserved.