文字サイズ小さく標準大きく

宮崎大学農学部 稲葉研究室

InabaLab.通信

トップ > InabaLab.通信

InabaLab.通信

2014.04.14

新メンバー加入

 相変わらず更新をさぼっており、申し訳ありません。そうこうしているうちに2014年度になってしまいました。

 2014年度、当研究室には新たに学生さんが3名配属され、スタッフも含めて総勢9名になりました。規模はこれまでで最大になりました。徐々に面白いデータが出てきています。

 あとは、学生さんのやった仕事を論文として発表するだけですね。大学で研究するからには、研究室での教育成果を論文として発表したいと思っています。もう一息だと信じていますが・・・。

 Mamber 2014.jpg

2013.10.05

後期開始!

 あっというまに2013年度も後期に突入しました。夏休みは授業がないので、ここぞとばかりに研究を進めました。簡単に振り返ると・・・・

 

1. 中間報告会を行いました

 3年生の皆さんに、2013年度前期と夏休みに行った実験結果について、整理して報告してもらいました。前期は授業の空き時間を使って実験を進めてもらいましたが、少しずつ進んでおり、今後の展開が楽しみです。

 

2. 多田さんが岡山大に行って実験をしてきました

 植物ホルモンの定量で、岡山大学の森泉先生にお世話になりました。新しいプロジェクトですので、結果が楽しみです。

 

3. 蛋白質と酵素の機能と構造に関する九州シンポジウムに参加しました

 葉緑体内包膜への膜タンパク質の挿入機構に関する成果を発表してきました。以前に参加した二回はシグナル伝達に関する発表で、会の中ではマイノリティー的な存在でした。が、今回は膜タンパク質の挿入という内容でしたので、興味を持ってくださる方がたくさんいました。

 unzen.jpg

 写真は、学会に行く途中の船から見た島原半島です。早いもので、後期は新しい卒研生の配属が決まります。やる気のある学生さんが加わって、さらに研究のアクティビティーが上がることを期待したいです。

 

2013.08.28

2013年度前期が終了

 更新をサボっているうちに、2013年度前期が終了してしまいました。前期を簡単にまとめると・・・

 

1. テニュアトラックシンポジウムで講演しました

 2013年度前期というよりは2012年度後期ですが、文部科学省で行われた「第二回テニュアトラックシンポジウム」で講演しました。稲葉は、「若手教員の報告とインタビュー」ということで、自身のテニュアトラック生活についてお話をさせていただきました。また、パネルディスカッションではテニュアトラック制の今後のあり方について発言する機会をいただきました。おまけに、テニュアトラック制を紹介する文部科学省のパンフレットにも登場してしまいました(8ページ。ダウンロードはこちら。私が「テニュアトラック教員」と書いたつもりのところが、なぜか「テニュアポスト」になっていましたが・・・)。

 

TT sympo 1.jpg TT sympo 2.jpg

 

2. 今年度は新一年生のクラス担任を担当することになりました

 一年生のクラス担任をすることになりました。皆さん、無事四年で卒業できるよう、サポートしていきたいと思います。

 

3. 3年生の研究活動がはじまりました 

 「3年前期から研究活動をする」という研究室の方針の下、新3年生の卒業研究が始まりました。また、英語論文の文献紹介もすでに一回りしました。3年前期でまだまだ授業も多い中、Nature, Science, Cellなどの論文を紹介してもらいました。9月からは研究がさらに本格化するので、よい成果が出てくるのではないかと期待しています。

 

HPの更新をかなりサボっていましたので、後期はもう少しマメに更新したいと思います。

2013.02.02

卒研生の配属決定

 そうこうしているうちに、2013年も一ヶ月が過ぎました。本年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、一月末に植物生産環境科学科の講座配属があり、当研究室は四名の卒研第一期生を迎えることになりました。大学にいるからには、学生さんとともによい成果を出したいと思っていますので、卒研と言えども良い成果は必ず論文発表するという意気込みでやっていきたいと思います。

 

2012.12.31

2012年下半期を振り返る

 HP更新をサボっている間に2012年も終わってしまいました。今年は、授業や研究室の再セットアップ、その他の仕事にかなりの時間を費やしましたが、充実した一年を過ごしました。

 下半期はの代表的な出来事はこんな感じでしょうか。

1. Society for Experimental Biologyの年会に参加してきました。葉緑体形成のシンポジウムに招待していただき、刺激的な間をすごしました。オーストリアのザルツブルクで行われました。世界遺産にも指定されている古い街並みも満喫してきました。

SEB poster.jpg   Salzburg.jpg

 

2. 研究室の引越しが完了しました。以前使用していた場所はテニュアトラック研究者用のスペースだったので、別の場所に移ったというわけです。といっても同じビルの5階から3階に移動しただけです。それでも、やはりかなりのエネルギーを費やしました。8年間で3回のラボセットアップを経験したので、コンサルティング業務ができそうなくらいです(笑)。

3. 東北大学・渡辺正夫先生がはるばる宮崎までやってきてくれました。私の個人的な都合で宮崎をあまり案内できませんでしたが、またの機会にしっかり案内したいと思います。また、研究室OGの矢津さんも訪問してくれました。

4. Biosci. Biotechnol. Biochem.誌に論文が掲載されました。テニュアトラック機構・稲葉靖子研究室東北大・渡辺研との共同研究です。また一つ、きっちり論文にまとめることができて良かったと思います。

5. 修士二年・戸田君が農芸化学会・西日本支部と九州シンポジウムで発表をしました。

 

 2013年最初の一大イベントは研究室配属でしょうか。いよいよ当研究室にも卒論第一期生が配属されます。やる気に満ち溢れた学生さんが来てくれると嬉しいですね。

«前のページ| 1234567891011

宮崎大学農学部 稲葉研究室

Copyright © Inaba Lab. Miyazaki Univ. All Rights Reserved.