文字サイズ小さく標準大きく

宮崎大学農学部 稲葉研究室

InabaLab.通信

トップInabaLab.通信 > Plant and Cell Physiology誌に論文発表

InabaLab.通信

2010.11.13

Plant and Cell Physiology誌に論文発表

 日本植物生理学会が発行する国際誌「Plant and Cell Physiology(通称PCP)」の2010年11月号に「Versatile roles of plastids in plant growth and development」と題する総説を発表しました。プラスチドが植物の生長や発生に及ぼす多様な役割を概説したものです。産休明けの稲葉靖子研究員に手伝ってもらいながらまとめました。久しぶりのFirst Authorの論文かなと思ったら、今年は総説ばかりを書いていたのでそうでもないことに気がつきました。

 PCP誌は日本の学協会が発行する雑誌の中では最も国際的に評価が高い雑誌の一つだそうで、植物科学分野の雑誌でもインパクトファクター上位に名を連ねています。国際的な評価の上昇と同時に、掲載される論文のかなりの数が海外からのものになってきており、「もう少し日本人にフレンドリーな雑誌にすべきではないか」という議論が真面目に何度もされています。実際、11月号掲載の論文も、半分以上が海外からの論文です。そうした状況の中で総説執筆の機会をいただけたことは、ありがたい話です。

 そうこうしているうちに、ラボのアクティビティーはかなり上がってきました。来年以降の成果発表に繋がるデータが出ているはず!?です。

宮崎大学農学部 稲葉研究室

Copyright © Inaba Lab. Miyazaki Univ. All Rights Reserved.