文字サイズ小さく標準大きく

宮崎大学農学部 稲葉研究室

稲葉研究室について

トップ > 研究室について

cont_h2-aboutlab.gif

研究室について

当研究室は、稲葉が2005年1月に岩手大学において独立した研究グループを立ち上げたことで新たに発足した研究室です。

研究室の所属も、宮崎大学IR推進機構(2010-2012年)を経て、2012年4月には宮崎大学農学部に移りましたが、これまで一貫して「葉緑体」や「ミトコンドリア」など「二層膜オルガネラ」が関与する植物の高次生命現象の解明を目指して研究を行ってきました。中でも、植物細胞の「細胞内コミュニケーション」や「環境応答機構」に興味を持って研究を進めています。

 

▲ザゼンソウ ▲シロイヌナズナ

 

研究テーマ

当研究室では、大きく4つの研究テーマを掲げ、研究しています。

研究キーワード:プラスチド/シグナル伝達ネットワーク/Toc-Tic複合体/葉緑体バイオジェネシスの理解/植物の低温馴化、低温ストレス

 詳しくはこちら⇒

 

メンバー紹介

准教授, Principal Investigatorの稲葉丈人をはじめ、当研究室のメンバーをご紹介します。

詳しくはこちら⇒

稲葉研究室について

研究テーマ

メンバー紹介

宮崎大学農学部 稲葉研究室

Copyright © Inaba Lab. Miyazaki Univ. All Rights Reserved.